1. トップページ
  2. 地方競馬場
  3. 水沢競馬場の特徴

水沢競馬場の特徴

水沢競馬場
水沢競馬場の特徴
競馬開催時にはJR水沢駅前からの無料バスが運行されます。入場するとすぐ左にパドックがあり、さらにパドックは1コーナー手前の走路に接しています。メインスタンドは地方競馬場の設備としては標準的な感じですが、4コーナー側にあるテレトラックの建物は新しく近代的な感じなものとなっています。地方競馬では一般的なサイズで、直線距離は200mとかなり短いです。
ダート850m
最初のコーナーまでの距離が長いため、枠順の有利不利はありません。 ただ、距離が短いために逃げ馬が圧倒的に有利です。
ダート1300m
最初のコーナーまでの距離が短いために、内枠が有利です。 コーナーが4つもあるから、逃げ馬が有利です。
ダート1400m
ゴール前の直線入り口からスタート。ダート1300mより最初のコーナーまでの距離が長く 枠順の有利不利がありません。
ダート1600m
スタートしてすぐにカーブになるために内枠の逃げ馬がかなり有利です。 外枠はかなり不利です。
ダート1800m
スタートしてすぐにコーナーになるために極端に内枠が有利になっています。
ダート1900m
重賞・特別戦のみでの使用されるコースです。 バックストレッチ中ほどからのスタートとなります。1800mほど、枠順の有利不利はありませんが、スタートダッシュで好位につけたいところです。 ペースは落ち着きます。
ダート2000m
重賞・特別戦のみでの使用されるコースです。 バックストレッチ中ほどからのスタートとなります。1900mほど、 枠順の有利不利はありませんが、スタートダッシュで好位につけたいところです。ペースは落ち着きます。
ダート2500m
重賞・特別戦のみでの使用されるコースです。 1300m地点よりスタートしコースを2周します。スタート間もなく、1コーナーがあるため、内枠有利とされていますが 長距離戦ゆえそれほどの差はないです。 やはり、ペースは落ち着きます。

全国の地方競馬場


競馬関連リンク集


ページトップへ戻る