1. トップページ
  2. 地方競馬場
  3. 川崎競馬場の特徴

川崎競馬場の特徴

川崎競馬場
川崎競馬場の特徴
川崎競馬場のコースは一周1200mの左周りで規模としては大きいほうではありません。川崎競馬場のコースは奥行きが少なく、コーナーがきつい事もあって3コーナーからの仕掛けが難しいと言われていて、人馬ともに技術がいるコースとなっています。川崎競馬場の特徴は内馬場東側に駐車場があり、西側半分は芝生の内馬場では家族連れでの賑わいがあります。
ダート900m
2コーナーからのスタートです。五分に出れば、内枠が有利 ですが、外からかぶされやすく 前に行けないと厳しくなります。
ダート1400m
スタンド前のスタートです。逃げ馬がかなり有利なコースです。 外枠の差しはかなり不利なコースとなります。
ダート1500m
最初のコーナーまでの距離が長く、枠順の有利不利があまりないコースです。 差し馬も届くコースとなります。
ダート1600m
最初のコーナーまでの距離が長いですが、逃げ馬が有利なコースです。 内で我慢している先行馬とかが残るケースもあります。
ダート2000m
強い馬が早く仕掛けてそのまま残るケースが多いです。また、6回のコーナーを回れる器用さを要求されるコースです。
ダート2100m
900mと同じ位置からのスタートですが、2100mは距離が長いため、 外からかぶせられても大きなマイナスにはなりません。2000m同様6回のコースを回ることになり、ペースが緩むところで、どう動くかが 勝負になります。

全国の地方競馬場


競馬関連リンク集


ページトップへ戻る