1. トップページ
  2. 地方競馬場
  3. 金沢競馬場の特徴

金沢競馬場の特徴

金沢競馬場
金沢競馬場の特徴
事故防止のため内を深くしていた金沢競馬。そのため長らく外枠有利と言われてきたが、昨今は明らかにその傾向に変化が。内・外の深さはほぼ均一になり、結果外を回りロスが生じた馬が好走するケースはあまり見られなくなった。逆に逃げ・先行馬の活躍、イン突きで穴を空けるケースが度々見られるように。「先行・内」有利はもはや鉄則と言っていいし、雨が降ると更にそれが顕著になる。
ダート900m
最初のコーナーまでの距離が長いため、枠順の有利不利はありません。 ただ、距離が短いために逃げ馬が圧倒的に有利です。
ダート1300m
ス最初のコーナーまでの距離が短いために、内枠が有利です。 コーナーが4つもあるから、逃げ馬が有利です。
ダート1400m
ゴール前の直線入り口からスタート。ダート1300mより最初のコーナーまでの距離が長く枠順の有利不利は1300mより解消されます。 外枠でも逃げることができれば不利ではありません。
ダート1500m
砂の軽い部分を多く走れる、大外枠が有利 です。
ダート1700m
スタート後すぐにコーナーに入るため内枠が有利です。 中距離なので、差しでも不利になりません。

全国の地方競馬場


競馬関連リンク集


ページトップへ戻る