1. トップページ
  2. 競馬のデータ理論

競馬のデータ理論

オッズだけを頼りにして馬券を買っても簡単に勝つことは難しいです。はっきり言って楽をして儲ける等という事は、競馬の世界に限らず難しい事なのでしょう。やはり、的中率を高めるためにはそれなりの研究とデータの分析が必要になるのではないでしょうか。

好きな馬の情報を集めて記録したものもりっぱなデータだと思います。そういう小さな積み重ねが通常のオッズには現れない有力な情報を得る事ができるかもしれないのです。一般的にはスポーツ新聞の競馬欄や競馬新聞が競馬を予想するためのデータ(資料)となるでしょう。ここではもう少しデータの幅を拡げて、競馬のデータベースからデータを取り出して予想する方法を考えて見ます。 現在では、個人が競馬のデータベースを自由に構築する事ができますし、提供されるデータも一週毎に随時更新されています。JRA-VANや競馬道から提供されるデータを分析してみるケースを例にしてみましょう。

JRA-VANはデータを使った競馬の予想を宣伝しています。従来は競馬新聞で競馬予想をしていましたから、過去のデータを分析する事で予想の幅も広がるし、的中率も上がると期待しました。しかしながら、データを分析して確認できた事は、競馬のオッズはほぼ順当であると言う結論でした。昔は自分だけの予想で、人気にならない穴馬を探し当ててるような気分で予想をしていたのですが、データを分析してみると実際には実力があっても人気にならないような馬はおりませんでした。そして人気にならない馬にはそれなりの理由があって、他の人が見落としている穴馬等は存在しないのです。しかも1,2度負けたとしても、実力馬は相当期間人気に成り続けるのです。

JRA-VAN等のデータを使った競馬予想ソフトも数多く存在しています。 中には100万円以上する競馬予想ソフトもあるようですが、提供されるデータだけで予想して安定に的中させる事は困難だと思います。確かにデータを分析する事によって、堅そうなレースであるのかそうでないのかの判断はやり易くなると思います。 順当な予想は数点の組み合わせで予想する事が可能ですが、そうでない場合は恐らく数十点以上の予想をしなければなりません。 そんな中で万馬券の的中率をやたら売り物にしているようなソフトは果たしてどうなんでしょうか。 通常はあり得ないような事が複合して起きた結果が万馬券であり、そのほとんどが過去のデータ結果を裏切る形で発生しているのです。 競馬は一攫千金を狙うものではなくて、損をしないで楽しむべきものとする姿勢が大切だと思います。


競馬関連リンク集


ページトップへ戻る