1. トップページ
  2. 欲を出すと負けてしまう

欲を出すと負けてしまう

競馬に限らずギャンブルで普通の人が思ったことがあるのは「あそこでやめておけばよかった」という思いではないでしょうか。

勝っていても負けていても同じことを思う機会は少なくないと思います。勝っている時はこのまま順調にお金を増やせると思い勝ちで欲が出てしまい、回収した資金で追加購入しがあげく、損失するケース、負けているから損を取り戻すために、無理に追加購入してスパイラルに陥ってしまい損失するケースと様々です。

もちろん、追加購入することにより、損失を取り戻したり、さらに増やしたりと成功することもあると思います。しかし、そのやり方を続けていては損失が大きくなり過ぎる危険性がとても高くなるはずです。今までの損を取り戻すためといっても、今まで損をしてきたのですから、最終レースで取り戻す確率はおのずと低いと判断できるはずです。そういうケースの場合は既に冷静な判断が出来にくくなっているとおもいます。

しかし、これは勝っている人も理由こそ違えど同じことが言えると思います。せっかく勝っているのに、欲をだして追加購入をしてしまい、最後に外してマイナス、またはプラスマイナス0になってしまった経験がある人も少なくないのではないでしょうか?馬券を買うからには欲は必要なのかも知れませんが、欲を出し過ぎるということは負けるまで馬券を購入するということになります。

結局人間は「自分の都合であらすじを作る」と言えるかもしれません。

競馬で馬券を買うのですから欲は必要なのかも知れませんが、欲を出し過ぎるということは負けるまで馬券を購入してしまう危険性も含んでいます。常に冷静な判断ができるようにしておきたいものです。


競馬関連リンク集


ページトップへ戻る